害虫・害獣の駆除

コウモリの生態と駆除

コウモリ

私達の暮らしと縁が薄そうに見えるコウモリ。
しかし実態は建築物の瓦の下や天井裏、換気口、橋の下、倉庫など建物のあらゆる隙間を寝ぐらとし、市街地を中心に生息しています。糞害や病原菌の繁殖の元となり、発見したら迅速な対策が必要です。

イエコウモリ(アブラコウモリ)の生態

基本的なデータ

イエコウモリ

大きさは、前腕長 30-35mm胴長 40-60mm、尾長 30-40mm、体重5-10g。 体毛は黒褐色から暗灰褐色。幼獣は黒色。 市街地を中心として、平野部に広く分布しています。

都心部にも数多く生息し、夕刻の空に普通に飛翔しています。逆に建物が少ない山間部などには少ないことも特徴です。

行動

夜行性で、昼間は寝ぐらで休み、日没近くから夜間に飛び回ります。
カ、ユスリカ、ウンカなどの小型昆虫類を主食とします。日本では、11月ごろから暖かい場所で冬眠し、4月頃に覚め、活動を開始します。

寿命や繁殖力

雌は満1歳から出産し、初夏に1-4頭の子を産み、1か月程度で巣立ちます。
数頭の家族単位で暮らすことが多いのですが、10月に入ると交尾が行われ、幼獣を含む雌の繁殖集団では、50-60匹、時には300匹以上にもなることがあります。寿命は雄で1~3年、雌で5年ほどです。

コウモリの駆除方法と費用

基本は寝ぐらへの侵入を防ぐ

コウモリ駆除の基本は、寝ぐらへの侵入口を閉鎖することです。
閉鎖する資材は多岐に渡ります。コウモリのねぐらが建物の換気を目的とした隙間にあれば、通気性の良い素材を使用します。瓦などの隙間は、しっくいが脱落してコウモリが侵入していることが多いので、同じ素材を使用し閉鎖します。

合わせてねぐらの殺菌消毒も必要となります。ねぐらには想像以上に糞が溜まっている事が多く、コウモリに付着しているダニなども対象に付帯工事として、必ず殺菌消毒を実施することになります。

  • 天井裏

  • 壁の中の糞積

生息数が多い場合は捕獲申請も。

コウモリの生息数が多い、または昼間に駆除を行う場合は、行政機関の許可を取得し、捕獲することもあります。

駆除工事費の目安

侵入箇所の閉鎖:25,000円~
殺菌消毒:5,000円~
糞の処分:45,000円~(壁内や天井裏に蓄積の場合)

足場が必要な場合は、別途費用が必要です。 コウモリの捕獲申請が必要な場合は、申請費用として別途15,000円が必要となります。

無料お見積り・お問い合わせ
相談無料、気になる方はお気軽にご相談ください。