シロアリの駆除

ちゃんとしたシロアリ駆除会社の見分け方

シロアリ駆除という仕事は、一般のお客様が確認しづらい床下での作業がほとんどなので、そこにつけ込む悪徳業者が後を絶ちません。ほとんどの業者が真面目に取り組んでいても、ほんの一握りのよからぬ業者のせいで、グレーなイメージを持たれてしまい「どこに業者に頼んでいいかわからない」とか「高額な請求をされそうでこわい」という声を未だに聞きます。
そこで、ちゃんとした業者を選ぶうえでの5つのポイントをご紹介します。

① シロアリの生態や使用する薬剤について詳しく説明してくれる

シロアリ駆除床下の施工

従業員の教育が行き届いている会社なら、シロアリの生態や使用薬剤の説明など簡単なことです。少しだけインターネットで調べてから、質問をぶつけてみましょう。あまりにアタフタする様では要注意。プロとしての専門性に欠けるかもしれません。

② 作業内容についてしっかりと説明してくれる

自社の作業に自信のある会社なら、自社の特徴や得意なことを話したいはず。作業の流れや工事のポイントについて質問してみてください。思わぬ熱い思いやシロアリに関するウンチクが聞けないようでは、ちょっと心配です。

③日本しろあり対策協会に加盟していて、しろあり防除士の資格者がいる

シロアリ駆除床下の施工

公益社団法人日本しろあり対策協会は日本で唯一の業界団体です。白ありの研究や薬剤の認可など日本で最も権威のある組織です。国家資格ではありませんが「しろあり防除施工士」という資格の発行や最新情報の広報などを行っています。そんな協会に加盟していない、防除士の資格者が少ない会社は、要注意だと考えます。
加盟業者の一覧はこちらから

④ ハウスメーカーや工務店に紹介された

大手ハウスメーカーやパワービルダー、工務店に至るまで建築業者は、建物の品質管理に余念がありません。厳しい品質管理をしているそういった有名メーカーと取引している会社は、単に知識や技術が優れているだけでなく、マナーまで意識している、安心して任せることができる会社であると言えます。

⑤ 悪質な業者の手口を公開

悪質な業者の勧誘手口には、いくつかの傾向が見られます。その手口の一部をご紹介します。

その1.アポなし訪問

こちらから依頼をしていなくても、何の前触れもなく突然訪問して来ます。
「近所でしろありが出たから・・・」「○○社のメンテを担当している・・・」「換気口のアミの交換を今なら半額でやっている・・・」「排水管清掃を半額で・・ついでに床下も点検します」などなど。一旦家に入り込むと居座る者も・・・。話を聞こうとせず、きっぱりと断ることが肝要です。

その2. 無料診断で不安を煽り(脅かし)次々に商品・対策を勧める

無料診断自体はシロアリ業界では標準的なことです。
しかし診断結果を大げさに報告したり、「すぐにやらないと家が倒れてしまう」など脅しをかけたりし、次から次に商品・対策を勧めてきます。

その3. 虚偽報告

お客様が床下に入れないことにつけ込み、有りもしないことを報告し、必要もない商品・対策を売りつけます。

その4.高額な見積

必要なサービスに適切な対価を支払うのは当然ですが、悪質な業者は総じて高額な見積を出す傾向があります。そういう業者は後のことは考えていませんから、“一度捕まえた客からは獲れるだけ獲ろう”とするのでしょう。「高いな」と感じたら、絶対にすぐに契約せず、他の業者との相見積を取りましょう。

その5.逆に極端に安い見積、同業他社を悪く言う

シロアリ駆除床下の施工

どんなサービスにも本来、適正価格というものがあります。シロアリ駆除は、駆除したらそれで終わりではなく、そこから始まる定期的なアフターサービスがとても重要です。全て専門員が動いて行うサービスばかりですので、極端に安い業者に同じ品質のサービスが提供できるとは思えません。最近は自ら他社の値段と比較し、他社を悪く言い、自社の安さだけをウリにした、専門性の乏しい、怪しい会社が数多く出現しているようです。十分ご注意ください。

その6.いますぐの契約を迫る、すぐに工事したがる

前項でも触れましたが、悪質な業者はアフターサービスのことなど考えていません。「早く契約し、すぐに工事し、すぐに現金をもらう」そして行方不明・・・  業者選定に一週間かけても、シロアリ被害はほとんど進行しません。ここはじっくり構えて、これから長く付き合うことになる「いい業者」を選んで下さい。

  • 簡単見積シミュレーター
  • 無料見積り・お問い合わせ