シロアリ被害部の修繕

シロアリ被害をほうっておいたらこんなことに…

エリア別チェックポイントをご紹介

躯体部分でのシロアリ被害事例

柱のシロアリ被害の様子

最近は洋風で柱が露出していない建物が多くなっています。しかし、壁を壊したり穴を開けたりして、中の柱のシロアリの調査をすることは稀なケースです。 多くは床下からわずかに見える情報が頼りですが、それを見逃せばたちまち大被害につながります。

床束ののシロアリ被害の様子

床束

最近の建物には床束そのものがなかったり、あっても金属製やプラスチック製のものが多く使われています。
これらの家ならシロアリの被害を受けないのか?
いいえそうではありません。金属製のものでも表面に蟻道を設け材木部分までたどりつき被害が発生します。

土台のシロアリ被害の様子

土台

外基礎断熱や、基礎の化粧モルタル。どちらも共通していることは基礎本体の外側に別の層がくっついているということ。 それによりできるほんのわずかな隙間でも、シロアリは本能的に見つけ侵入してきます。

水まわりでのシロアリ被害事例

浴室のシロアリ被害の様子

浴室

ユニットバスの普及で、浴室のシロアリ被害は大きく改善されました。浴室は本来、水を使い湿度変化の激しい場所です。断熱と換気をしっかりすることで、結露も発生しにくくなり、シロアリ被害も抑制できます。
しかしタイル貼りの浴室は、水漏れが発生しやすく温度変化も激しいため、リフォームすると土台や柱が腐っていたり、シロアリ被害を受けているのが当たり前でした。

トイレのシロアリ被害の様子

トイレ

洋式便座の普及で、床の段差がなくなり、床張りのトイレが多くなりました。
以前に多くあったタイル貼りのトイレは、浴室同様土台や柱に腐朽やシロアリ被害が発生するのが当たり前でした。

シロアリの被害をほうっておくと、さらに腐朽がすすみ、
大がかりな補強が必要になる場合もあります。
シロアリの被害かな?と感じたらまずはお気軽に無料相談を!

無料お見積り・お問い合わせ
相談無料、気になる方はお気軽にご相談ください。