シロアリの駆除

シロアリ駆除費用の相場はどれくらい?料金が安すぎるとリスクが高まる理由

せっかく駆除したのに…なぜ失敗してしまう?

シロアリ駆除をお願いする時に一番悩むことが、「費用」ではないでしょうか?

「見積書を出してもらったけど、金額はこんなもののだろうか…?」
「他とも比べてみたいけれど、その都度調査してもらうのも面倒だし…」

シロアリ駆除の業界では、各業者の規模やサービス内容、保証内容によっても費用が変わっているようです。

お客様からすれば、シロアリ駆除にかかる費用はできるだけ安いに越したことはないでしょう。

しかし、安さだけで安易に依頼したばっかりに、将来的にいくつかの問題が発生し、追加の費用が生じたといったケースが後を絶ちません。

このページでは、シロアリ駆除費用のおおよその相場感と、安すぎることによってどんなリスクが高まるかについて、業者を選ぶポイントを交えながらご紹介したいと思います。

価格の表記は「坪」単位と「㎡」単位の2種類がある

費用の説明を始める前に、まず押さえておきたいポイントは、広告などに掲載されている価格の表記です。

いくつかの業者の広告などを見て比較すると、1坪あたりの単価と平方メートル(㎡)あたりの単価で出している場合があります。

1坪は3.3㎡のため、1坪価格で換算する場合はその3.3倍で計算する必要があります。

おおよそのシロアリ駆除業者は、馴染みがあってわかりやすい坪単価での表記が多いですが、㎡だけの表記の方が単純にパッと見の金額が小さく見えるため、安さだけをウリにした安易な業者で見られる表記方法です。

シロアリ駆除の全国的な相場はどのくらい?

では、シロアリ駆除の相場はどれくらいといえば、一般財団法人経済調査会の統計によると、シロアリ工事の価格を坪当たり10,725円(1㎡あたり3,250円)としています。

また、シロアリ駆除の業者が加入する公益社団法人日本しろあり対策協会では、現在は基準価格を示しておりませんが、以前は1㎡あたり3,000円程度を基準として打ち出しておりました。

業者のレベルによる価格差

まず、価格の決定要素として大きいものが業者のレベルの差です。シロアリ駆除業界では大きく3つのタイプに分かれるのでそれぞれご紹介します。

大手上場企業&JA(農協)系

おおむね坪あたり1万円前後(1㎡あたり3,000円前後)の価格帯です。 事業規模が大きい分、その分経営コストが高めになっていることと、JA(農協)系も紹介手数料をJAに相当額払う必要があるので、その分は高くせざるを得ないでしょう。

地域密着型中規模業者

それぞれの地域において古くから独自ブランドで展開している業者です。 おおむね坪あたり6,000円~9,000円(1㎡あたり1,800円~2,700円)の価格帯です。

弊社もこの中に入りますが、地域密着型ですので、地元に根ざした持続可能な経営スタイルを基本としています。

お客様宅の被害状況や施工の難易度等に応じて価格を決める場合が多く、大手企業や後述する激安型のようにほぼ一律ではなく、その時々の状況に合わせた価格設定ががあることが特徴です。

雨宮ではもっとも多くのお客様がご利用されるアメミヤ工法の場合、以下の価格となっています。

5年間保証、無料点検あり

施工費用の目安(アメミヤ工法)

既存木造建物の場合(ヤマトシロアリ)
  • 化学薬剤:5,000円~9,000円/坪
  • 天然系薬剤:6,500円~10,000円/坪
※春のシロアリ割引キャンペーンの適用前の価格です。
無料お見積り・お問い合わせ

価格についての詳細はこちら 雨宮のシロアリ駆除の特徴は?

ホームセンター&インターネット集客激安型

最近では、ホームセンターやインターネットでのシロアリ駆除集客サイトをよく見かけるようになり、おおむね坪あたり4,000~円(1㎡あたり1,200円~)の価格帯と割安になっています。

ただし、このような業者のほとんどは、自社で施工まで行うわけではなく、単に受付だけを行っており、実際の工事は自社ブランドだけでは展開が厳しい小規模業者が担当しています。

それらはおおむね個人経営や少人数経営で、価格が安い分、技術や資格、保証、統一された工事基準やルール、コンプライアンスが大手~中規模業者ほど確かなものではありません。

また、仲介型の営業に依存することが多く、お客様から頂く激安費用の中から、さらに受付した会社へ紹介手数料を相当額払わないといけない(30%程度)ため、短時間でできるだけ多く仕事をこなしていかないと経営がなりたたない厳しい状況にあります。

地域の特性による価格差

これに加えて、地域の特性によっても価格が変わる場合もあります。

東京、大阪などの大都市圏は建坪が小さい家が多く、㎡あたりの金額は、自ずと高くなります(どんな小さい家でも施工する上で、最低限の経費と時間がかかるため、あまりに施工単価が低すぎると、赤字になってしまい仕事として請け負えない)。

九州及び本州・四国一部でのイエシロアリ(強力な加害力を持つ種類)の生息地域については、ヤマトシロアリ(イエシロアリほど強力ではない一般的な日本のシロアリ)の生息地域に比べ1.2~1.5倍ほどの費用設定になっています。

ちなみに東海地方などは、全国的な相場より安くなっています。

被害の状況で見積もり費用が変わる場合もある

ただし、ここまであげた費用の単価は、ひとつの目安として見なければいけません。

さらにお客様のお住いの環境や状況によって金額が上下する場合があるからです。

建物の構造

床下で作業する上で、高さ(スペース)はどの程度あるか。床下点検口1箇所から入るだけで、床下全てに入れるか。バスルームやトイレがタイル張りかどうか(タイル張りだと作業に大変手間がかかる)。

基礎断熱がなされているかどうか等、建物の細かな構造が工事の難易度にも関わり、それに応じて価格が変わる場合があります。

また木造、RC造、鉄骨造などの建物の基本的な構造によっても、薬剤処理する範囲や工事方法も変わるため、価格に影響してきます。

被害の程度

駆除工事時点で、柱が食い荒らされているなど、具体的にどれくらいシロアリの被害にあっているかも、費用が変わる大きなポイントです。

特に、構造上の難易度が高く、またシロアリ被害も深刻であれば、その工事に関わる技術者は、経験を長く積んだ技術力の高い人でないと不安なはずです。

工法の違い

雨宮での工法は大きく分けて2種類。地面から侵入してくるシロアリに対し、薬剤によるバリアを作って家を守るアメミヤ工法。

もう一つは建物の周囲に薬剤の入った器具を埋設し、シロアリにそれを食べさせ、巣に持ち帰らせて巣ごと退治するベイト工法。

以上、このような費用を決める要素があるため、良識的なシロアリ業者であれば、必ず事前にお客様のお宅に訪問し、被害の状況などくわしく調べる事前調査を経て、正式な見積もり費用が提示される流れとなっています。

安さだけをウリにする業者は結果的に費用やリスクが高くなることも

では、単価の安い業者と高い業者ではいったいなにが違うのでしょうか?

シロアリだけ駆除できればいいと思いがちですが、業者によっては細かな費用が後で請求されたり、将来にリスクが残るケースがあるなど、さまざまな違いがあります。

交通費や移動にかかる費用が別になっている

多くの業者は、単価に交通費、駐車場代、移動経費などが含まれている事が多いですが、一部の業者の場合は別になっている場合があります。

工事後の清掃費用があとになって請求された

たとえ広告では追加費用なしと書かれていても、シロアリ工事終了後、清掃代、消毒代などが別途費用になったと後から請求される場合があります。

事前調査がいい加減におこなわれる可能性

激安型業者になると、薄利多売型経営になるため、ひとつの仕事に対しての制限時間を設けざるを得ません。

特にその影響を受けやすいのが、見積もりを出す前の事前調査です。
簡単に家全体を見回り、家の広さやおおよその被害状況を確認するだけで、床下にも潜らずごく短時間で見積もりを出すケースは要注意です。

しっかりした業者だと、事前調査の段階で床下にも入って細部まで丁寧にチェックし、おおむね1~1.5時間程度かけて細かな被害状況を確認しながら見積もりを作成します。

見積もりなのにそんなに時間をかける必要はないのでは?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、物だけを買って頂くのと訳が違います。

事前調査の段階でしっかりと状況を確認しないと、工事時の施工品質に影響することがあります。

調査の目的は、単に見積金額を出すためではなく、被害の程度、工事をした場合の現場作業の進め方、シロアリ以外の原因による建物劣化状況などを総合的に目視調査していきます。

雨宮でのお見積りから施工完了までの流れ

お客様への説明は丁寧か?

事前調査がいい加減だと、過度に恐怖心を煽るだけで、被害の実際の状況などの調査報告は適当にならざるを得ません。

また、工事後の作業報告書が提出されない場合、きちんと工事を行ったのか、確認しにくくなります。

5年間無料保証の責任範囲が狭い

シロアリ駆除というサービスは、一度駆除したらそれで終わりという性格のものではなく、どんなにきちんと工事をしたとしても、建物の構造上、薬剤で処理しきれなかったり、シロアリ再発生の可能性が残る場合があるため、保証期間中の定期点検などのアフターフォローが不可欠です。

そのため、ほとんどの業者では工事完了後「5年間無料保証」サービスを付帯していることが多くなっています。

これは、駆除に使用する薬剤の有効期限が5年間であることからきているのですが、同じ5年間無料保証といっても、その補償内容を見てみれば実は大きな差があるのです。

まずありがちなのが、そもそも保証内容が履行されない、つまり、万が一のシロアリ再発生の際にかけつけてきてもらえないということ。激安型業者の場合、数年後には会社自体がなくなっているというケースもあります。

また、保証期間中の中間無料点検(アフターフォロー)がなく、万が一シロアリが再発した場合は早期発見ができません。

さらにシロアリが再発生した場合でも、消毒処理だけは無償で行うが、新たにシロアリに食べられた部分の修理費用(被害部復旧工事)は含まれていないケースも見られます。この場合修理費用は自己負担になります。

このように、その場限りのお付き合いだと思って、激安の業者に頼んだ場合、作業のレベルに不安が残るほか、将来的に再発生のリスクが高まり、被害部のリフォーム費用などで結果的に費用が高くなったりするので、長い安心を確保するために、保証の内容も同時に比較検討する必要があると考えます。

リスクの少ない信頼できるシロアリ駆除業者を選ぶには?

シロアリ駆除対策は、保証期間中の定期点検(アフターフォロー)、5年ごとの再施工など将来にわたり、お住まいをメンテンナンスする一番最初のきっかけとなっていきます。

定期的、長期的なメンテナンスを考えると、信頼できる業者を選ぶことが大事になります。

駆除費用は安いに越したことはないが、サービスや保証も充実させたい…。そのようにお考えの場合は、先ほどの単価の目安を参考にしながら、以下のポイントを注意して比較することをおすすめします。

社歴の長さ

長く経営できているということはそれ自体が信頼指標の一つです。粗悪な業者は、長続きせず、淘汰されていくものです。

業者の顔が見えること

最近はどこの業者も自社のホームページを開設しています。値段だけでなく、その会社の経営方針までじっくり見て、どんな会社なのかを可能な限り見極めましょう。

激安インターネット集客サイトの場合、施工レベルにバラつきが出やすく一定しない

インターネット激安集客サイトの場合、申込を受け付ける会社と実際に施工する会社は別になっています。

つまり経営方針の一貫性が全くない状況でお客様の大事な家という資産にメスを入れる形になります。

施工会社は、お客様から頂く激安駆除費用の中からさらにサイト運営会社に通常3割程度の紹介手数料を払う必要があるので、実際に工事にかけられる時間やコストはさらに少なくなり、必然的にサービス内容は低下します。

もちろん、サービス内容や品質において、サイト運営会社との間で大枠の決まりごとはあるものの、全てを最後まで管理しているわけではないので、細かな点で施工会社の能力やスキルの差が出やすいのも特徴です。

受付から施工まで一貫して行う業者だと、自社で施工品質の徹底をおこなっているため、このようなバラツキは起こりにくくなります。

諸経費などの明細が明らかになっているか?

見積書が届いた時点で、お客様が見て意味のわからない費用があれば遠慮なく説明を求めてみましょう。内容があいまいだったり、説明をしないという業者は見積もりの根拠自体がいい加減ということなります。

保証の内容や再施工の条件なども確認する

保証は大抵の業者がおこなっていますが、その内容には大きなバラつきがあります。複数の業者で見積もりをとる場合は、将来的なリスクに備えて、どこまでが保証範囲なのかを確認することで比較してみましょう。

頼んで良かった!と思えるシロアリ駆除なら、雨宮におまかせ

創業1968年60万件以上の豊富な実績。

技術力を持った自社専門員によってご提供します。

無料事前調査から駆除、アフターサービスまで一貫して行います。
安易な外注・委託業者は使用しておらず、バラつきのない、高い施工品質をお客様にお届けすることが可能です。
また、技術の向上とともに、国家試験など建物、シロアリに関する資格保持者が多数在籍しております。

全てを自社で施工、また利用したい95%、社員力をさらに向上

雨宮のシロアリ駆除の特徴は?

無料お見積り・お問い合わせ
  • 簡単見積シミュレーター
  • 無料見積り・お問い合わせ