シロアリの駆除

シロアリ予防と駆除の違い。対策の必要性と信頼できる業者選びとは?

シロアリ予防と駆除の違い。対策の必要性と信頼できる業者選びとは?
春のシロアリ割引キャンペーン

実際にシロアリ被害にあってしまう前に、予防対策をしておくことは、大切な住まいを守る上でとても重要なことです。

シロアリは、わたしたちの住む地面の中に潜み、餌としての木材を絶えず探し回りながら活動している生き物です。

“我々はシロアリの上に住んでいる”感覚が、基本的には大事であるといえるでしょう。

そのため、一度だけでなく定期的に予防を重ねていくことの必要性と、その後の安心感についてご紹介したいと思います。

シロアリ予防とシロアリ駆除は一体何が違う?

それぞれの作業工程を簡単に説明すると以下のようになります。

シロアリ予防(割安)

シロアリが発生しそうな場所を確認する。

シロアリが発生しそうな場所に薬剤を散布する 。

シロアリ駆除

被害箇所がどこにあるのか確認する。

実際に発生した箇所で駆除の処理を行う 。

被害箇所および、まだ被害が及んでいない場所へ薬剤を散布する 。

状況により被害場所の修理・復旧工事を行う 。

このように予防と駆除では作業工程がまず大きく違います。

すでにシロアリ被害にあっている駆除作業は、その被害程度により、かかる時間、要する技術、作業手間、処理範囲も変わるので、それらに伴って費用が決まっていきます。

さらにシロアリにひどく食害されてしまったところが、住宅の強度や見た目に関わる場合、その部分の取り換え、復旧(修繕リフォーム)も加わり、さらに割高になっていきます。

つまり被害にあってからその都度対処することは、その時の被害がひどかった場合、復旧費の分が上乗せされてくるため、想像以上の費用がかかる可能性を残します。

わたしたちが健康診断をして未然に病気に備えるのと同じように、被害にあう前に継続してシロアリ予防工事を行ったほうが長い目で見れば割安になる場合が多いのはこのためです。

シロアリ予防は、なぜ5年ごとに必要?

シロアリ薬剤

一般的に、シロアリ予防は5年周期に行うことが望ましいとされています。

その理由は、公益社団法人日本しろあり対策協会が認定する薬剤の有効期限が5年間とされているからなのです。

これは、家を守る上で十分な性能試験をクリアしたものだけが取得できる認定であり、有効期限を過ぎてしまうと、予防できるだけの性能が消失してしまいます。

「新築する時に一度やったから大丈夫」「駆除した時に薬はまいたから心配ない」とは思わず、その時から5年以上経っているかが、シロアリ予防の再施工を行うタイミングとなります。

被害にあえば、復旧工事をしない限り建物の強度は低下する。

シロアリが羽アリとなって、我々の目の前に現れるのは4月末~6月だけ(※ヤマトシロアリの場合)と限られるため、それ以外の時期で見えなくなれば、予防の必要性をわかっていても、実際の対策はついつい先送りにしてしまう方が多いのも事実です。

特に木造住宅(在来軸組み工法や2×4工法の家)は、建物の骨組みが木材でできていますので、シロアリに害されてしまうと、たちまち建物の強度が低下します。

修繕やリフォームを行うとしても、元と同じ強度に戻すことは大きな費用を要する場合が多く、復旧しない場合、耐震性などに不安を残します。

阪神・淡路大震災における地震全壊率(神戸市東灘区)

シロアリ被害・腐朽なしの家屋…23.5%
シロアリ被害・腐朽ありの家屋…93.2%
(出典:財団法人 日本住宅・木材技術センター)

5年ごとをめどに定期的に予防を重ねていくことが、地震対策としても非常に大切だと言えます。

シロアリ予防は、自分でもできるの?

日曜大工的に、自分で予防工事したほうが経済的で手っ取り早い…とお考えの方もいるかもしれません。

この場合、お客様ご自身でできる具体的なシロアリ予防対策はというと、

  • 建物のまわりにシロアリの餌になる木材が無いか確かめ、不要なものは撤去する
  • 撤去できないものは、市販の殺虫剤などを使い、シロアリの発生を防ぐ。
  • 床下を覗き、餌となる木材が落ちていないか、蟻道が出来ていないか確かめる。

といったことになります。

文章にすると、誰でもできそうにみえますが、シロアリ予防作業において重要なポイントは「シロアリが将来発生しそうな場所」をすべて見極めて、「適切な薬剤を適切な量で散布する」ことです。

それを1ヶ所でも見落とすと、そこからシロアリが地中より侵入し、結局家全体に被害が広がる可能性を残します。

漏らさず確実に作業を行うには、多くの住宅を観察した「経験による目」が必要になり、十分な知識のない判断では、その見落としを防ぎきれず、将来的に最悪の結果となったケースも散見します。

また薬剤を散布することで、健康被害が伴うこともあります。

まれにご自身で床下に潜って、市販の薬剤を散布される方がみえますが、薬剤の知識や安全装備のない方が、ただやみくもに狭い床下空間で大量の殺虫剤を散布することは、中毒など思わぬ事故を引き起こす恐れがあります。

当社が使用する薬剤はとても安全性の高い薬剤ですが、それは正しい使用法で、適量を必要なところに処理をした場合の話です。

このように、確実にシロアリが出ないようにするためには、散布する必要がある場所を見極められる正しい知識や確かな技術を持った専門業者に依頼することが、結局安心できる選択であり、コストパフォーマンスにおいても最良の選択といえるでしょう。

良い業者、悪い業者を見極める5つのポイント

シロアリ予防風景

シロアリ予防工事を頼む時の良い業者、悪い業者を見極めるポイントは存在します。

今回はじめてどこに依頼しようかと検討されておられる方もあれば、これまでもお世話になった馴染みのシロアリ駆除業者に再びお願いする場合もあるでしょう。

多くの業者では、予防においても無料見積りをおこなっています。

このタイミングで任せて安心な業者かどうか、一度確認してみてはいかがでしょうか?

1.予防の料金が、駆除の場合より安いか?

前にも記載した通り、作業工程が駆除より予防の方が少なくなるため、必然的にかかる費用もシロアリ予防のほうが駆除作業よりも割安になります。

駆除の時も予防の時も、同じ料金を提示してくる業者は、良心的ではないといえるでしょう。

5年間保証、無料点検あり

雨宮の予防費用の目安

既存木造建物の場合
  • 4,000円~6,000円/坪(1,200円~1,800円/㎡)
建物構造により異なる場合がございます。
無料お見積り・お問い合わせ

2.見積もりを書くだけでなく、床下にもぐって調査を行っているか?

例え定期的・継続的な予防工事であっても、見積もりを提示する前に、床下に潜って事前調査を行うことは重要です。

床下にもぐることは大変ですが、シロアリの有無はもちろん、床下での経年劣化状況、その他の建築的問題が発生していないかを観察してくることが、住宅を守る上で大切です。

家を悪くするのは、シロアリだけではありません。

何の条件もうたわず、建物を守る上での重要な視点を欠いた、ただ薬を散布するだけの業者だといえるかもしれません。

雨宮なら…

できる限り的確な見積もりを目指す上で、床下の事前調査は行います。

床下でのシロアリ調査はもちろん、シロアリと同じように床下木材を弱体化させる腐朽菌対策(木材防腐)や、通気性、配管からの水漏れ、断熱材の劣化状況、耐震性能、地盤の陥没、基礎コンクリートのひび割れなど、建物を支える構造にとって重要な機能性をできる限り、点検いたします。

お見積りから施工完了までの流れ

3.保証期間内に、無料のアフターメンテナンス点検があるか?

信頼できるシロアリ業者に依頼した場合、薬剤の有効期限が切れる5年をめどに、予防工事が必要である案内を行っています。

薬剤には有効期限があります。従ってその期間の案内すら行わない業者は、お客様の住まいのことを長期的に任せきれない証拠といえるでしょう。

さらに優良な業者は、薬の有効期限5年のちょうど中間に当たる2年~3年を目安に、予防効果が発揮されているかを確認するために、無料でアフターサービス点検を行っています。

当初想定していなかった箇所に、新たに被害が発生していないかどうか、時期を変えた確認作業を重ねることで、よりパーフェクトな安心に近づけていくことができます。

雨宮なら…

アフターケア
  • 5年間の保証期間中は2回の無料点検を実施し、定期的なご案内をさせていただきます。シロアリ以外の建物に関する様々なトラブルも出来る限り点検致します。

4.保証はその期間だけでなく、その保証内容までチェックしている?

保証期間中にシロアリが再発生した場合、薬剤処理だけを再びしてくれる業者は普通ですが、再処理だけでなく、再発生したことによって起きた新たな被害の修理、修復まで行う保証を出している業者は、より優良な業者だといえるでしょう。

保証内容が手厚いということは、それだけ施工技術や品質に自信を持っている証拠ですし、万が一再蟻害が発生した時でも、建物の修理費用をお客様が負担する心配がなくなります。

雨宮なら…

5年間保証
  • 再蟻害発生時には直ちに対応、無料で薬剤による再発生部への処理はもちろん、当社の責任における建物の新たな蟻害損傷部には500万円を限度として修復をいたします(不可抗力は除く)

5.建物の構造に対する幅広い知識があるか、その対応策を持っているか?

例えば、木造、RC造、鉄骨造などの建物の基本的な構造の違いや、基礎断熱がなされているかどうか等、細かなことによって、薬剤処理する範囲や工事方法も変わります。

確実に予防工事を行う場合は、単に薬をまくだけではなく、お客様のお住まいのどこにシロアリが発生しやすいかなどを的確に見分けることができる生物的知識と、ではどこに薬剤処理すればいいのかという建築的知識を併せ持った業者に依頼するのがより確実であると考えます。

雨宮なら…

当社では、入社後2年を経過した者から、シロアリ防除士資格、1級建物アドバイザーなど筆頭に住宅を長期に保全するために有用な資格を調査員全員に取得させています。

建物の価値を決める「耐震」「躯体」「シロアリ」「防水」「断熱」「メンテナンス履歴」などを重要視し、日本長期住宅メンテナンス有限責任事業組合の一員として、日本の住宅の長寿命化に貢献しています。

シロアリ予防は耐震対策。建物メンテナンスのひとつと考える。

住まいは、非常に多くの建材やサービスの複合体です。

それぞれの建材やサービスには、耐用年数や有効期間があり、年々劣化するため、それに定期的に手を入れて寿命を延ばすことがメンテナンスです。

例えば、外壁の塗料の耐用年数が10年だとしたら、10年おきに外壁塗装をすることで外観を美しく維持し、家の寿命も延ばすことができます。

シロアリ予防も同じです。 シロアリ予防に使う薬剤の効果は5年間であるので、5年おきに予防処理をすることで確実に効果を持続することができます。

地震で家を瞬時に倒壊させない(仮に倒壊しても、瞬時でなければ避難する時間が取れる。また全壊でなく半壊までに抑えれば、修理、復活の可能性を残せる)ようにすることにも、シロアリ予防は欠かせません。

このようなメンテナンスを定期的に続けていくことで、人生最大の資産である我が家を子、孫の世代まで存続させることが可能になります。

頼んで良かった!と思えるシロアリ予防なら、雨宮におまかせ

創業1968年60万件以上の豊富な実績。

技術力を持った自社専門員を多数取り揃えています。

無料事前調査から駆除、アフターサービスまで一貫して行います。
安易な外注・委託業者は使用しておらず、バラつきのない、高い施工品質をお客様にお届けするよう努めています。
また、国家資格など建物、シロアリに関する資格保持者が多数在籍しております。

全てを自社で施工、また利用したい96%、社員力をさらに向上

雨宮のシロアリ駆除の特徴は?

無料お見積り・お問い合わせ
春のシロアリ割引キャンペーン
  • 簡単見積シミュレーター
  • 無料見積り・お問い合わせ