自宅や周辺で黒い羽アリを見かけた場合、住宅に被害はあるのかと心配になることがあるでしょう。また、通常のアリやシロアリとの区別がつかずに不安を感じるかもしれません。そこで、黒い羽アリの「正体」やシロアリとの違いについて詳しく解説します。

黒い羽アリの「正体」とは

「羽アリ」の正体とは、特定の時期や条件下でアリに羽が生える現象です。これはアリのコロニーが過剰に成長したときや、新しいリーダーとなるアリが生まれた場合に現れるものです。元々羽のないアリが特定の条件下で羽を生やし、主に4~7月に巣を飛び立ち、交尾の後、地上で新しいコロニーを築き始めます。

黒い羽アリを見かけた際、2つの大きなカテゴリーが考えられます。

クロアリの羽アリ

これらは住宅を食害することはありませんが、侵入や敷地内での巣作りは被害をもたらすことがあります。

シロアリの羽アリ

名前から白いイメージがあるシロアリですが、実は茶色から黒色の種類も多いです。例えば、ヤマトシロアリは茶色から黒ずみ、イエシロアリは赤みがかった茶色、アメリカカンザイシロアリは頭が赤から茶色で胴体が黒いといった特徴があります。

これらの情報から、黒い羽アリを見た際はその正体を確認し、必要に応じて適切な対処をすることが重要です。

羽が生えているシロアリとクロアリの見分け方

同じ黒い色をした羽アリでも、家に甚大な被害を及ぼすシロアリと、普段地面にもよくいるクロアリでは危険度が大きく異なります。そこで、羽が生えているシロアリとクロアリの見分け方について、いくつか誰でも確認しやすいポイントに絞って解説します。

クロアリは胴体がくびれている

簡単なのは胴体を見る方法です。クロアリの胴体はくびれており、3つの区分けされた串団子のような形をしています。一方、シロアリは胴体がまっすぐで、くびれが見られません。シロアリは繁殖力が強く、家屋に被害をもたらすことがあるので、胴体がくびれていない黒い羽アリを見つけたら、早急な対策が必要です。近所で見かけても、自宅への侵入のリスクがあるため、予防措置を取ることをおすすめします。

6月以降に飛んでいるのはクロアリが多い

6月~11月に黒い羽アリを見かけた場合、それはクロアリの可能性が高いです。日本で住宅被害を引き起こすヤマトシロアリは、胴体が茶色~黒色でクロアリに似ていますが、春の4~5月に飛び立つため、夏以降にはあまり見かけません。一方、胴体が黒いアメリカカンザイシロアリもいますが、日本での生息数は少ないとされています。従って、6月~11月の間に見る黒い羽アリは、大抵がクロアリであると考えられます。

クロアリは夜間に飛ぶ

クロアリは普段は夜間に飛翔する傾向があり、夜に羽付きの黒いアリを目撃した場合は、クロアリである可能性が高いです。イエシロアリも夜間に飛翔することがあるが、その色合いは全体的に白から茶色であり、黒くはありません。これによりクロアリと容易に識別できます。

とはいえ、クロアリの中には昼間に飛翔する種類も存在します。そのため、夜間に飛翔することはクロアリを特定する絶対的な条件とは言えません。これはクロアリを特定する際の一つの基準として捉えておくと良いでしょう。

瑞穂市のシロアリ駆除業者おすすめ10選

もし、羽アリがシロアリだった場合、どの業者を選べば良いのか迷っている方もいるかと思います。ここでは、瑞穂市でおすすめのシロアリ駆除業者をご紹介いたします。
駆除業者の選び方については、下記の記事でも詳しく紹介しております。
シロアリ駆除は自分でできる?プロの駆除費用の相場は?料金が安すぎるとリスクが高まる理由 | シロアリの雨宮のコラム

雨宮

雨宮 公式サイト

雨宮は50年以上の長い実績を持つ、害虫駆除のプロです。専門家が床下などを徹底的に調査し、写真を使ってシロアリ被害の具体的な状況をお客様にわかりやすく説明します。そして、シロアリだけでなくクロアリを含む害虫の駆除も得意としており、その都度最適な駆除策を提案します。作業時には、物件の安全と環境を考慮し、養生を施しつつ進行します。シロアリ駆除のアフターケアも徹底しており、5年間の保証期間内に再び被害が生じた場合は無料で駆除し、さらに被害が大きな場合は最大500万円の補修作業費用をカバーする保証も付帯しています。このようなサービスの手厚さが、多くの顧客から高い評価を受けています。

公式サイトを見る

ROY株式会社

ROY株式会社 公式サイトを見る

ROY株式会社は、専門的な一級建築士事務所が運営していて、建物や住宅に関連する多岐にわたるサービスを提供しています。その範囲はシロアリから、総合リフォーム、水道トラブルの対応、さらには畳や障子の張替えまで広がっています。特に、クロアリ駆除の技術も持ち合わせていて、専門家の目で確認し、適切な対処が行えます。一括依頼が可能なため、家のさまざまな問題を効率良く解決したい方にはいいでしょう。そして、シロアリ問題に関しても、迅速な無料調査と迅速な対応が得られるのが魅力です。

公式サイトを見る


ダスキン

ダスキン 公式サイトを見る

ダスキンは清掃サービスの大手でありながら、家事支援から害虫駆除に至るまで幅広いサービスを提供しています。シロアリ駆除では、ウェブサイトでの自己診断や5年間の保証サービスを利用できます。さらに、クロアリの駆除サービスも行っており、住まいを害虫から保護する信頼できる選択肢の一つになるでしょう。

公式サイトを見る

サニックス

サニックス 公式サイトを見る

サニックスは、東証プライム上場を誇る企業として、40年以上の長い実績と信頼性を備えています。彼らはシロアリだけでなく、クロアリなどの害虫駆除サービスも手掛けており、住宅のトータルサポートを提供しています。太陽光発電や住宅の総合メンテナンスなど、幅広いサービスを行っています。住宅の床下から土の奥深くに潜むシロアリの問題まで、徹底的に対応し、解決してくれることでしょう。

公式サイトを見る

生活救急車

生活救急車 公式サイトを見る

生活救急車は全国ネットワークを誇り、シロアリ駆除サービスを365日提供しています。国内2,270店舗以上と連携し、どの地域でも迅速に専門家を派遣できます。無料診断サービスにより、シロアリの潜む可能性のある場所を徹底調査し、効果的な対策を提案します。害虫駆除と書いてありますがクロアリ駆除は取り扱いがない可能性があります。事前にご確認いただくことをお勧めします。

公式サイトを見る

ムシプロテック

ムシプテック 公式サイトを見る

ムシプロテックは、全国規模で害虫対策サービスを提供する業者です。彼らは年中無休でサービスを受け付けており、お問い合わせ後、24時間以内に協力店舗の技術者が迅速に現場に駆けつけます。緊急の対応が必要な状況にも柔軟に対応しています。さらに、見積もり後のキャンセル料や出張費用が不要なため、安心して依頼することができます。

公式サイトを見る

ジャパンアットレスキュー

ジャパンアットレスキュー 公式サイトを見る

ジャパンアットレスキューは、2007年から害虫・害獣駆除の専門業者として活動しています。この経験豊かな企業は、シロアリの駆除をはじめ、ネズミ、コウモリ、イタチといった害虫・害獣のトラブルにも迅速かつ効果的に対応します。自社スタッフが一貫して作業を担当するため、品質と責任を保証します。さらに、お客様への安心を提供するために5年間のアフターサービス保証を設けており、この期間中に問題が再発生した場合には無料での駆除が提供されます。しかし、クロアリに関しては、項目がなかったため、できない可能性があります。

公式サイトを見る

アサンテ

アサンテ 公式サイトを見る

アサンテは東証プライムに上場している実績豊富な企業です。自社で研修を行い、専門技術を持つスタッフを育成することに力を入れており、外部業者に依存することなく、全ての業務を自社スタッフが責任を持って遂行します。施工後は5年間の保証期間を設けており、この間に年間1回の無料点検を実施します。万が一、問題が再発生した場合でも保証期間内であれば追加料金なしで対応いたします。ただし、クロアリ駆除に関しては、取り扱いがないか、限定的な場合がありますので、詳細は事前にご確認ください。

公式サイトを見る

ホームレスキュー

ホームレスキュー 公式サイトを見る

ホームレスキューは、全国規模で害虫駆除のプロフェッショナルとして知られています。彼らのサービスはシロアリ駆除に限らず、ネズミやアライグマ、イタチなど多岐にわたる害虫・害獣対策を提供しています。一度の依頼で複数の害虫対策を同時に行うことが可能で、経験豊富な自社スタッフが迅速かつ的確に対応します。ただし、クロアリ駆除については取り扱いがない可能性があるので事前に確認していただくことをお勧めします。

公式サイトを見る

大心産業

大心産業 公式サイトを見る

大心産業は岐阜市を基盤に多岐にわたるサービスを展開している企業です。その範囲は害虫・害獣駆除から住宅のリフォームまで広がっており、特に5年間の保証期間内に2回の無料点検が行われるなど、アフターサービスが充実している点が強みです。また、JA全農岐阜との連携をしており、顧客に最適なサービスを提供しています。ただし、クロアリ駆除に関しては取り扱いがないか、対応が難しい場合があるため、具体的なサービス内容については事前にご確認いただくことをお勧めします。

公式サイトを見る

羽アリを発見したら、業者に相談を

黒い羽アリは、クロアリとシロアリの2種類が主に考えられます。クロアリは住宅への大きな被害は少ないものの、家電の故障や住人に噛むなどのトラブルを引き起こす可能性があり、早めの駆除が推奨されます。シロアリは家の構造に被害をもたらす可能性があるため、発見次第の対策が必要です。いずれの羽アリも対策の専門業者に依頼することで、的確な予防や駆除が行えます。羽アリを目撃した際は、早急にプロの点検を受けることをおすすめします。